大ヒットアプリを生み出す組織を目指して

Posted by

グリフォンCTOの川村です。

エンジニアブログが開設!という事で、弊社のエンジニア組織について垣間見て頂けたらと思っております。

今回はエンジニア組織に対する私のビジョンについて書きます。

大ヒットアプリを生み出す組織

私が理想とする組織は
大ヒットアプリを生み出す組織
です。

私はゲーム事業に携わって約7年になりますが、自分の手でゲーム史に名を残すようなゲームを作りたいという思いをずっと持ち続けています。
多くのユーザー様に愛され、社会にインパクトを与え、開発に携わる人達が誇りを感じられるようなゲームを生み出すのが目標です。

技術がゲームを面白くする

では、『大ヒットアプリを生み出す組織』に必要な要素は何か?

たくさんの要素があると思いますが、『エンジニアの技術力』は必要不可欠なものの一つです。
どんなに素晴らしいゲームデザインとグラフィックが用意され、チームの熱狂やマーケティングの追い風があろうと、エンジニアリングでそのポテンシャルを引き出せなければ台無しです。
また、逆にエンジニアリングからより良いアイデアや表現、プレイ体感等が生まれる事もあります。

クオリティの良し悪しを最後に決めるのはエンジニアです。 技術力はゲームの面白さに直結しています。

市場で戦える技術力

モバイルゲーム市場はブラウザに加えてネイティブ、2Dに加えて3D等、求められる技術力が急速に高まっていると感じます。
弊社は設立以来ブラウザゲームを主軸としていますが、ネイティブ、3Dの準備も着々と進んでいます。

道のりはまだまだ長いですが、『競合他社に負けない技術力を持った組織』に成長させる事が、私の最も重要なミッションであると考えています。

技術アプローチの変化

弊社は設立当初から一貫して『市場にグリフォンなりの突破口を見出し、そこに注力する』という戦略を取っています。

その戦略における技術アプローチとして、以前は『今持っている強み(技術)を活かす』事を重視して来ましたが、
開発するゲーム仕様の変化に伴い、『新たな強み(技術)を身につける』事が不可欠なフェーズとなりました。

現在開発中のタイトルはブラウザゲームから3D、ネイティブアプリまで多岐に渡り、運用中タイトルでもインフラ環境をGCPに乗り換えたりと、チャレンジの機会とサイズは徐々に増えています。

エンジニアの組織文化

技術力強化の基盤となるエンジニアの組織文化も強化したく、この半期は『組織作りの種まき』の時期と位置づけています。
全エンジニアを巻き込み、ボトムアップ的に組織に色を塗っていきたいと考えています。

このブログも組織作りの一環として、社員の発案で立ち上げが決定しました。
発信文化の醸成や、会社と個人それぞれのブランディング等に繋がる事を願っています。

ここまで読んで頂いた社外の方へ

エンジニアに限らず各職種で採用を随時行っております。
ビジョンに共感してくれた方、是非一緒にゲームを作りましょう!!

最後にグリフォンのエンジニアの皆さんへ

レッドオーシャンと言われて久しい業界ですが、グリフォンで大きな爪痕を残してやりましょう!!
We are GRIPHONE!!